Site : Kyoto, Japan
Status : Conceptual Design
Function : Auditorium, Hall
Year : 2011
Area : 16,852sqm

前川國男氏によって岡崎地区に建てられた地下1階、地上3階建のコンサートホールのリノベーションコンセプト計画。地域の回遊性を高め、琵琶湖疎水の水際空間を最大限に利用する。民間活力を取り入れ、地域により開かれるソフトウェアとハードウェアの提案をした。中庭部分には、アーティストと協働し地域の子供と共に創作するモザイク画を提案した。

A renovation scheme for the modernism architecture designed by Kunio Maekawa in Okazaki area in Kyoto. It focus on enhancing the circulation in the area, while activating riverfront area along the Biwako Canal. By carrying out PFI, we propose both the contents and the interior renovation scheme to open to the area. At the central courtyard, we proposed mosaic tiling in collaboration with an renown artist.